工事を行なう際はアンテナ工事業者を頼りましょう

アンテナ工事の具体的な流れとその詳細

街並み

住宅でアンテナ工事を依頼する際は、騒音や施工期間に関するトラブルが発生しないか心配になります。そのため工事を実施する際は、まず施工の流れを確認しておき、スムーズにアンテナ工事を完了できるように対処する必要があります。

現地調査&設置工事

アンテナの設置工事を始める際は業者の方が屋上をチェックし、施工にかかる費用や時間を見積書に算出します。見積書を確認し、サインを入れたら、着工日から工事が始まります。現場で作業を行なうのはもちろんプロのスタッフなので、周囲からクレームが来るような大きな騒音の心配はありません。

電波レベルの測定

アンテナ工事が完了した後は、アンテナが受信する電波の量をチェックし、電波が弱い場合は増幅器を設置します。また逆に電波が強すぎる場合は電波を弱め、テレビが受信する電波の大きさを調整します。

配線と分配器の設置

増幅器から発せられた電波を室内へと行き届けるには、分配器を設置したり配線を新しく取り付けたりする作業が必要です。すでに分配器が住宅内に設置してある場合は設備を確認し、デジタル放送に対応していない場合は交換を行ないます。

高画質を堪能するために

自宅にあるテレビで地上デジタル放送を楽しむには、アンテナ工事をきちんと完了させておく必要があります。アンテナ工事を行なっても、受信できる電波が一定でないとテレビ番組を視聴する際にトラブルが発生してしまう可能性が高いです。

受信効率を見て判断する

きちんと一度で施工を完了させておくためにも、工事を実施する際はアンテナ工事業者に施工を依頼して事前に電波の受信計測を行なっておきましょう。受信計測を行なっておけば、アンテナを設置するのに最適な場所や受信効率における良い方角を的確に把握することができます。電波を受信するのに最適な場所にアンテナを取り付けておけば、設置後に設置場所の変更をしたり電波の受信トラブルなどが発生したりといったことを防ぐことができます。

TOPボタン