アンテナ工事をした後は周辺設備を購入しましょう

東京オリンピックと共に進化するテレビ

テレビ

カラーテレビが初めて日本に登場したのは1960年であり、本放送はアメリカとキューバに続いて三番目になります。登場したばかりの頃はテレビ自体がとても高額であったため、カラーテレビはほとんど普及していませんでした。しかし1964年に東京オリンピックが開催されると、多くの方が自宅でオリンピック中継を楽しむようになりました。放送される競技の数はとても少ないものでしたが、東京オリンピックの最大視聴率95%はメディア史に残る偉業として今でも語り継がれています。その後テレビ技術は急速に発展していき、現在では衛星放送が自宅で気軽に楽しむこともできるようになりました。今後開催されるオリンピックと共に、これからのテレビ技術もどんどん進歩していくでしょう。

テレビと一緒に買い揃えておきたい周辺グッズ

テレビに使用する周辺機器は画質を向上させる効果を持つものや、テレビへの物理的ダメージを軽減するのに適した効果を持つものなど、いろいろなタイプの機器があります。アンテナ工事を行なった後はテレビと併せて周辺グッズも購入し、テレビをより長く使い続けられる環境を作りましょう。ここでは、オススメのテレビ周辺グッズを紹介します。

HDDレコーダー
HDDレコーダーの大きな特徴は、テレビ放送されている映像を一瞬でHD(ハードディスク)に記録できるという点です。録画の最中に別の番組を見たり、さらには録画中の番組を最初から再生できたりと、いろいろと優れた機能を持ち合わせています。HDDの容量が大きければ大きいほど、録画できる時間及び映像が大きくなります。
耐震グッズ
地震や台風などの災害が発生してテレビをはじめとした家電製品が壊れるのを防ぐには、耐震グッズの利用がオススメです。耐震グッズを利用すれば、自然災害による大きな衝撃が発生してもテレビやレコーダーなどの製品への影響を最小限に抑えてくれます。

TOPボタン